感染予防対策

内野歯科クリニックでは、オゾン発生装置やオートクレーブを用い、確実な滅菌を施しています。また、お昼休みと夜中の間にオゾンガスを発生させ、院内をクリーンな状態にしています。

35md_pic_01
内野歯科クリニックでは、院内の汚れを常にクリーンな状態にする為に、夜中とお昼休みにはオゾンガス、常時はエアロサービス社の空気清浄機を運転させています。

ozon1.1
内野歯科クリニックでは、セントラルオゾン殺菌システムを装備しています。

その利用法としては、まず第一にオゾンを院内すべての水に溶解させ、オゾン水として利用しています。

診療チェアーから出るうがいの水や、削る機械から出て来る水、歯石を取る時に出てくる水、全てがオゾン滅菌水が出ていますので、治療中の口腔内全て滅菌しながら行っているという事になります。

オゾンガスは、診療終了後の夜中の2時間の間、昼休みに、天井のバルブより診療室内にオゾンガスが放たれ、室内に残留した細菌を殺菌いたします。 皆様が手にする雑誌や診療台までガスに包まれます。