口腔内スキャナ 3Shape Trios3

内野歯科では、この度3Shape Trios3という、口腔内スキャナを導入、2017年ドイツケルンで行われた、国際デンタルショーで口腔内スキャナー部門で一人勝ちのような雰囲気だったと評価されている、機械です。何をする機械かというと、口腔内をカメラで連続撮影することで、今まで型をとって、石膏を流して詰め物や、被せを作っていましたが、データーをインターネットで技工所に送ると、そのデーターを元に模型がない状態で詰め物や被せを作ることができるというものです。

 

模型が必要な場合は、3Dプリンタで、模型を作ります。